コミュニケーションの達人を目指して

上の理論ではなく、日常で活かせる智慧をお伝えします。
ミュニケーションの達人へとさらに一歩進みましょう。
コミュニケーションは、生きて行く上で必要不可欠なもの。
コミュニケーションの可能性を拓くことで、相手を本当に理解することができるようになり、そしてあなたを理解してもらうことができるようになっていきます。

魂オンライン講座は、出口光があなたに、丁寧に「一霊四魂」と「四魂の窓」について、動画とワークブックを使ってお伝えします。

四魂オンライン講座〜講座スタート〜より

四魂オンライン講座受講生の声

四魂オンライン講座の公開収録時に撮影した、受講者の声です。

全部で12時限のオンライン講座です。
インターネットの環境があれば、いつでもどこでも「一霊四魂」と「四魂の窓」を学ぶことができます。

「四魂オンライン講座」で得られる成果

  • あなた自身についての理解が深まり、自信を持つことができるようになる。
  • 関わる人の四魂を診断できるようになり、その人の四魂からアプローチできるようになるので、相手が受け取りやすいコミュニケーションが可能になる。
  • 相手がどの四魂が強いか?を知ることで、感情に振り回されにくくなる。
  • コミュニケーションの擦れ違いを理解することで、あなたがコミュニケーションを主体的に変えることができるようになる。
  • あなたの大切な人を勇気づけたり、力づけたりすることができるようになる。
  • あなたのコミュニケーションの課題が明確化し、日常の中でトレーニングできるようになる。

「四魂オンライン講座」のカリキュラム

お申し込みとともに、次の12時限が視聴可能になります。
ワークブック形式のテキスト(PDF版)が付属となっていますので、ワークブックを使いながら、実際にワークを行うことでより理解を深めます。

第1時限:概要

一霊四魂と四魂の窓の概要をお伝えします。

第2時限:心と魂

「心と魂の違い」「人間関係の4段階」を知り、四魂の特徴をお伝えします。

第3時限:四魂診断

実際に四魂の窓を使って診断し、診断を通して、勇・親・愛・智の特徴をお伝えします。

第4時限:求める人生

人をどのように観てどのように関わるか?で人間関係が変わることをお伝えします。

第5時限:聴き方と求める人間関係の違い

それぞれの四魂によって、聴き方や求める人間関係が異なることを知り、あなたの聴き方や求める人間関係だけが全てではないことをお伝えします。

第6時限:モチベーションの違い

それぞれの四魂によって、やる氣のスイッチが異なることを知り、相手とどのように関わるか?をお伝えします。

第7時限:感じやすい不安の違い

それぞれの四魂によって、不安が異なることを知り、相手とどのように関わるか?をお伝えします。

第8時限:心の垣根

それぞれの四魂によって、見方の傾向が異なることにより、心の垣根ができること、誰もが認知バイアスを持っていることをお伝えします。

第9時限:心と魂の相性

心と魂の相性の違いを知り、自分が持っていない相手の特徴を心の垣根で批判していることに氣づき、心の垣根を越えていくことができることをお伝えします。

第10時限:直霊(なおひ)

「認知バイアスがない状態はない=常に持っている」「自分の世界だけが正しく全てではない」ことを知り、今自分がどの認知バイアスにあるのか?を自ら認知する力=メタ認知を持つ大切さをお伝えします。

第11時限:四魂の上昇・発達

四魂の窓を使って、成長・発達が可能なことを知り、日常生活に活かしていく方法をお伝えします。

第12時限:振り返り

日常でどのように活かしていくか?を講座内容の振り返りとともに行い、チームビルディングのワークにより、これまでに学んだことを腑に落とします。

  1. お申し込み後に、「四魂オンライン講座」サイトのIDとPASSを発行します。
    四魂オンライン講座サイト
  2. 「四魂オンライン講座」サイトでスグに受講を開始できます。
    ※パソコン、スマホどちらでも受講可能です。
  3. 「四魂姓名診断」(有料版)を特典としてお付けしています。

「四魂オンライン講座」のお申し込みはこちらから

「四魂オンライン講座」は、下のボタンをクリックしていただくとお申込みの画面に移動します。
お支払いはクレジットカードのみになっております。
以下の情報を入力していただき、「12,000円を支払う」ボタンを押してください。
メールアドレスの誤入力が発生しております。再度ご確認をお願いいたします。

お支払い画面

メールアドレス:診断結果を受信可能なメールアドレスを入力してください。
カード番号:クレジットカード番号を入力してください。
MM/YY:クレジットカードの有効期限を 月/年で、それぞれ2桁で入力してください。
(例:2020年5月の場合:05/20)
CVC:セキュリティコードを入力してください。
セキュリティコードはクレジットカードの署名欄またはカードの表面に印刷されている3-4桁の番号です。