無料で試してみたいあなたへ

無料四魂診断

人はひとりでは生きられません。
コミュニケーションが必要です。
「四魂の窓」のたった2つの質問で、あなたの傾向を知ることができます。

四魂の窓無料レポート

「物の見方の違い」を理解し、相手を理解しようとする、コミュニケーションの達人を目指します。
どんな「物の見方の違い」があるか?をシーン別にしたレポート(PDF版)を提供します。

しっかり学びたいあなたへ

四魂姓名判断

四魂は、あなたの姓名にも隠されています。あなたの姓名に隠された四魂を診断し、レポート形式(PDF)でお届けします。

四魂オンライン講座

オンライン講座で、あなたの好きな時に好きなだけ学べる「四魂をより詳しく理解する」ための講座です。

四魂とは?

々日本にあった智慧が「四魂」です。
天とつながる一靈「直靈(なおひ)」と4つの魂「荒魂(あらみたま)」・「和魂(にぎみたま)」・「幸魂(さちみたま・さきみたま)」・「奇魂(くしみたま)」から成り立つ、という日本独自の思想です。

本独自の思想ではありますが、元々「心理学」という言葉がなかったために、靈と魂という言葉を使っているのです。

  • 四魂を「直靈」というひとつの靈がコントロールしている。
  • 荒魂(あらみたま)には「勇」、和魂(にぎみたま)には「親」、幸魂(さちみたま・さきみたま)には「愛」、奇魂(くしみたま)には「智」という4つの機能がある。
  • 4つの機能を直靈(なおひ)が「省みる」ことで、良心のような働きをする。

という特徴があります。

四魂の特徴

よく使われる、5つの要素を使った性格診断と比較してみましょう。

5つの要素を「並列」にし、それぞれの要素の強弱・点数によってその人の性格を診断します。

「外向性」:前向きの物事を進める=「勇」
「親和性」:人と親しみ調和を保つ=「親」
「誠実性」:善悪を判断する道徳性=「直靈」
「感情性」:感情の豊かさ=「愛」
「知性」:好奇心や分析力=「智」

となり、同じ要素となりますが、違いがあります。

「勇」「親」「愛」「智」の4つの機能を発達させるために、直靈が良心の働きをする、というものであり、「人は変化する、成長に伴い4つの機能も発達する」という見方をします。

また、シンプルな見方をしますので、人と接して、感じることで相手の傾向を知ることができます。

「勇」「親」「愛」「智」の4つの機能も「直靈」も、ひとりひとりが全部持っています。
「今4つのうち、どの機能が強く出ているか?」を観るものであり、変化するものでもあるのです。

「四魂の窓」とは?

魂の窓は、「一靈四魂」の思想を基に、出口光がこれまでに研究してきた実験心理学・応用行動分析学と融合し、人の4つの本質を観るテクノロジーとして確立したものです。

人と向かい合い、相手を感じることで、その人の四魂の傾向を観ることができるとともに、あなた自身が今どんな四魂が強く出ているのか?を認識することもできます。

「たった2つの質問」から、本質に触れることができますが、シンプルゆえに奥が深い部分もあります。

特徴は次のとおりです。

  • 人と直接対面することで、相手を感じて判断する。
  • 「勇」「親」「愛」「智」の4つの機能をすべて持っている。
  • 性格診断ツールでも、人を操るためのツールでもなく、相手を理解しようとするコミュニケーションのためのもの。
  • 絶対的な正解や不正解は存在しない、自分の思い込みがそうさせているだけ。
  • 本質でつながることにより、お互いを成長させていく。
  • 成長のためには、四魂の窓を使ったトレーニングも必要。

「たった2つの質問」とは、次のとおりです。

  1. 「あなたは情熱的(ホット)ですか?それとも冷静(クール)ですか?」
  2. 「あなたは合理的(ドライ)ですか?それとも情緒的(ウェット)ですか?」

2つの質問により、次のとおり「今強い四魂は何か?」がわかります。

冷静(クール) 情熱的(ホット)
合理的(ドライ)
情緒的(ウェット)

例えば、
あなたが「情熱的」で「情緒的」の場合には、「愛」となります。

なたもぜひ、自分自身に2つの質問をして、あなたがどの四魂が強いのか?を試してみてください。
また、ウェブであなたの四魂を診断することもできます。

無料四魂診断

簡単な質問で、あなたの四魂を診断します。
必要時間は約3分です。
メールでお手元に診断結果をお届けします。

「勇」「親」「愛」「智」それぞれの特徴を見ていきましょう。

「勇」の特徴

人生に求めるもの 達成を求め、行動の人生を歩む(大きな想い:大義)
求める人間関係 同じ方向、ベクトルという関係を求める
話しの聞き方 達成的な聞き方「できるかどうか」
評価基準 自分の能力との関係性で判断
不安 成功できないのではないか?誰もついて来ないのではないか?
思い込みやすい状態 邪魔されたと思い込みやすい

「親」の特徴

人生に求めるもの 平和や善を大切にし、調和の世界に住む(大きな想い:世界平和)
求める人間関係 役割や序列という関係を求める
話しの聞き方 親和的な聞き方「関係あるかどうか」
評価基準 仲間との関係性で判断
不安 役に立てていないのではないか?仲間外れにされているのではないか?
思い込みやすい状態 場を乱されたと思い込みやすい

「愛」の特徴

人生に求めるもの 氣持ちを大切にし、相愛と献身の世界に住んでいる(大きな想い:無償愛)
求める人間関係 1:1の感情交流の関係を求める
話しの聞き方 献身的な聞き方「好きか嫌いか」
評価基準 相手との関係性で判断
不安 愛されていないのではないか?必要とされていないのではないか?
思い込みやすい状態 嫌われたと思い込みやすい

「智」の特徴

人生に求めるもの 興味や好奇心を大切にし、探求の世界に住んでいる(大きな想い:真理)
求める人間関係 情報交換の関係を求める
話しの聞き方 評価的な聞き方「わかるかどうか」
評価基準 自分の美意識との関係性で判断
不安 能力がないのではないか?大したことがない人間なのではないか?
思い込みやすい状態 馬鹿にされたと思い込みやすい

 

際に、この人はどの四魂が強いのか?をみてみましょう。
トレーニングすることで、質問をしなくても、顔や目を見ただけで判断できるようになっていきます。

出口光の四魂

るみさんの四魂

ゆうかさんの四魂

自分を客観的にみる自分を育てる

情=心が揺れ動くのは、なくなりません。
揺れ動いている最中でも、あなた自身を客観的にみる=離れてみることができるようになると、省みることができるようになります。

理学では、自分自身を客観的にみることを「メタ認知」と言います。
古来日本では「直靈」(なおひ)と呼んでいる機能です。
もしもあなたが、あなたの価値観だけで相手をみるとしたら、好き嫌いの感情でみることになりがちです。
あなたの価値観だけで相手をみることで、「心の垣根」が生じやすくなります。

心の垣根

に生じる「マイナス言葉」により「心の垣根」が作られます。
今あなたが強い四魂が、特有のマイナス言葉を生み出すのが原因です。

コミュニケーションで起こる問題の根本は何か知っていますか?
「物の見方の違い」ただこれだけです。
もしも相手が見ている視点と、自分の見ている視点が違ったとしたのなら、相手の視点を理解しない限り、ぶつかりが生じます。

「四魂の窓」では、4つのタイプ分けをしていますが、タイプに分けることが目的なのではなく、「物の見方の違い」を理解し、相手を理解しようとする、コミュニケーションの達人を目指すためのものです。

ミュニケーションの擦れ違いは、「心の垣根」により起こります。

・自分の物の見方こそが正しく、相手は間違っている
・お互いがお互いの特徴を、自分の特徴から批判している

ことにより、特有のマイナス言葉を生み出します。

「勇」「親」「愛」「智」が他の四魂をどのように見ているか?発生しやすい「マイナス言葉」は次のとおりです。

「勇」「親」「愛」「智」の強さが、かえって勝手な思い込みを作りやすくなります。
相手がそう思っていなくても、です。

なぜか?
人生で求めているものが違うからです。

勇のお母さんと親の子供

のお母さんと
の子供のエピソードです。

  • 勇:ストレートに伝えないとわからない
  • 親:ストレートに伝えるのが苦手

こうした特徴から起こる、解釈の違いのエピソードです。

ある日学校から帰ってくると、親の子供は言いました。
「田中さんのお弁当に卵焼きが入っていたの。」
また1週間くらいして、親の子供は言いました。
「山本さんのお弁当に卵焼きが入っていたの。」

勇のお母さんは、出口光のトレーニングを偶然受けました。
『もしかしたら、うちの子供は卵焼きをお弁当に入れて欲しいのではないだろうか?』
翌日、子供のお弁当に卵焼きを入れると・・・帰ってきた子供は「お母さんがやっとわかってくれた」と伝えました。

しも子供の特徴を理解していたとしたら・・・子供は「わかってもらえた」「愛された」という体験を重ねることになります。

親だけではなく、子供や周囲の人にも四魂の窓を伝えて欲しい・・・出口光はこのように言っています。
お互いがお互いを理解しあえるならば、解釈の違いを乗り越えることができるようになるからです。
親子関係だけでなく、大切なパートナーや、職場や組織の人間関係にも当てはまると思いませんか?

心の相性とコミュニケーションの達人

の相性があります。
似た者同士は上手く行く、と言われるように、相性があるのです。

冷静(クール) 情熱的(ホット)
合理的(ドライ)
情緒的(ウェット)

例えば、「勇」であれば、次のような順位で「心の相性」が高くなります。

  1. 同じ四魂の「勇」
  2. 縦に隣の「愛」
  3. 横に隣の「智」
  4. 対極にある「親」は心の相性が悪い

ところが・・・
「2つの質問」をもう一度振り返ってみましょう。

「勇」の対極は「親」であり、「心の相性」は悪くなりますが、
お互いに持ち合わせていない要素を持っていることになります。

「勇」:情熱的で合理的
「親」:冷静で情緒的

しも対極の、自分が強くない要素を受け入れることができれば、弱点を補い合う関係になりませんか?

それぞれの見ている世界を尊重できれば、「心の垣根」を取り払うことができるのです。

「勇」のあなたは、「親」の相手に、
・「智」からアプローチすることも
・「愛」からアプローチすることも
可能ですし、対極である「親」からアプローチすることもできるのです。

私はどんな世界を見ているのだろうか?
そして相手はどんな世界を見ているのだろうか?

手を理解しようとすることが、コミュニケーションの達人への第一歩です。

かを成し遂げようとする時には、あなたが苦手と感じている人も含んでいくことが必要になります。
四魂の窓を使うことで、人の奥深さや素晴らしさが理解できるようになっていく、まさに「あなたの人間力を向上する」ことができるのです。

無料四魂診断

簡単な質問で、あなたの四魂を診断します。
必要時間は約3分です。
メールでお手元に診断結果をお届けします。

さらに、レポートで、「四魂の窓」についてもっと詳しく知っていただけます。
PDF版で、メールでお手元にお届けします。

四魂の窓無料レポート

「物の見方の違い」を理解し、相手を理解しようとする、コミュニケーションの達人を目指します。
どんな「物の見方の違い」があるか?をシーン別にしたレポート(PDF版)です。
メールでお手元にお届けします。

四魂や四魂の窓に関する疑問を動画で伝えます

AQは簡潔にしております。
出口光が深く掘り下げていますので、ぜひご覧になってみてください。

初対面の人でも判断できますか?
何度も繰り返し四魂の窓を使えば、誰でもできますが、積み重ねが必要です。

トレーニングを積み重ねるとどのようになりますか?
「健康になる」「姿が美しくなる」「若返る」といったことが起こり得ますし、自分のやるべきことも見えてきます。

女性は愛を差し引くとのことでしたが、どのように差し引けば?
4つの特徴は誰でも持っていて、今何が強く出ているか?に注目します。

四魂の窓を通して、皆さんへの希望は?
自分で使うことはもちろんのこと、周囲の人に伝えられる人になって欲しいということです。

無料四魂診断

簡単な質問で、あなたの四魂を診断します。
必要時間は約3分です。
メールでお手元に診断結果をお届けします。

四魂の窓無料レポート

「物の見方の違い」を理解し、相手を理解しようとする、コミュニケーションの達人を目指します。
どんな「物の見方の違い」があるか?をシーン別にしたレポート(PDF版)です。
メールでお手元にお届けします。